感度も見違える様に!包茎のチェックから治療後に至るまでの流れは
2016年9月21日 admin

まずは自分で剥けるかどうか試してみる

包茎の症状にも程度の差や個人差はもちろんあります。それゆえ自分の症状を少しでも正確に掴み、自分で改善出来る見込みがあるのか、あるいは医療の力を借りなければならないのかの判断を、まずは自分自身で確かめる必要があるのです。とりあえずはペニスの包皮が自分自身の手で剥けるのか否か、試してみた方が良いでしょう。何とか剥く事が出来ればトレーニング次第で症状を大きく改善するチャンスが生まれますし、それさえも痛みでままならない様であれば、それ以上弄るのは止め素直に医療機関を受診すべきでしょう。

自分で試した詳細な症状を医師に伝える

自分で剥けるかどうか試し、結局それが無駄に終わったとしても決して無駄ではありません。その試みを含め、改めて判明した症状を隠さず全て医師に伝えれば、それに基づいた最善の包茎治療法を提案してもらえるからです。不明な点、アフターケア、料金については事細かに確認していきましょう。現在行われている包茎治療の方法は意外な程にバラエティに富んでおり、いずれも短時間で負担も無く完了出来るものばかり。もちろん日帰りの手術も可能ですから大変楽ですよね。

術後しばらくは安静にして過ごす

手術自体は余分な包皮を切除する方法が基本で、身体に大きな負担が掛かる訳でもありません。傷の塞がりも早く数日後には元通りの生活が営めるでしょう。念の為手術当日から数日間はアルコールも控え目に、また激しい動きを伴う運動や肝心な性交渉に関しても数週間は様子を見た方が良いでしょう。ただ1ヶ月を過ぎれば普通にペニスを使える様になり、驚くほど清潔かつパワー漲る姿に驚く事になる筈です。何よりも、今まで包皮に隠れていたデリケートな部分が常に露出する事により、簡単に快感が得られるというのはこれまでに無かった事です。

包茎の治療法の選び方に関心があれば、実績のある泌尿器科の病院やクリニックの実績に目を向けることが良いといえます。

About The Author