アンテナ設計の最適化!?リバブレーションチャンバーの活用事例
2016年8月26日 admin

短時間で評価が可能になるリバブレーションチャンバー

無線機器においてアンテナ性能を評価するということは非常に重要なことでもありますよね。そこでアンテナ設計の最適化を行う際に欠かせない設備となるのがリバブレーションチャンバーということになってくるのです。一昔前まではアンテナの放射効率を測定するとなると大掛かりな装置が必要になるということもあって、性能テストで長時間かかるというネックもあったことでしょう。しかし最近のリバブレーションチャンバーでは短時間で正確な値が測定できますので、アンテナの最適化に欠かせないものとなっているんですよね。

オフィスでも利用可能なリバブレーションチャンバー

無線アンテナの性能測定というと大きな実験設備が必要だと考えている方も少なくないですよね。しかしスマートフォンが普及してきている現代ではオフィス内でもアンテナの性能評価をしたいということもあることでしょう。そこでお勧めになるのが小型化されてきているリバブレーションチャンバーなんですよね。オフィス内のちょっとしたスペースにも設置することが可能なほど小さく製造されていますので、中小企業の製品開発でも活用される設備の一つとなっているんですね。

費用が安くなっているリバブレーションチャンバー

アンテナの放射効率測定というと専門的な設備が必要になるというイメージがありますよね。そのために値を測定するためには効果が実験設備を用意するということを頭に浮かべるという方も多いことでしょう。しかし現代ではアンテナの放射効率を測定するためのリバブレーションチャンバー設備も低コストで購入することが可能になっていますので、設備投資のために資金が用意できないという方でもしっかりとした設備を用意できるようになっているんですよね。

リバブレーションチャンバーとは「反射反響室」のことで、携帯電話端末、小型無線通信装置、小型アンテナなどの測定を行うための電磁波環境の試験室です。

About The Author